So-net無料ブログ作成
デザイン ブログトップ

どんなデザインに作り替えるか・・・ [デザイン]

P4210042copy.jpg
今日ご紹介するジュエリーは
北九州市のO様よりお預かりしたブレスレットです。

O様がおばあさまより譲り受けられたもので
どう言う風に使おうか、と
しばらく迷っておられたそうです。

拝見すると、イエローゴールド素材の凝った作りです。
セットされているルビーも質の良いものですので
サイズだけをお直しして、
そのまま着けられた方が良いでしょう、と
ご提案させて頂きました。

こういったアンティーク調のブレスレットは
ツィードのような起毛素材のスーツなどによく似合います。
手元なよく見える七分袖のものに合わせると
すっきりと見えます。




P4210040copy.jpg
さて、長さの調整のために外した2個のパーツです。

このパーツからルビーを外して
全く新しいジュエリーを作ることもできます。

素材をピンクゴールドに変えて
ピアスやシンプルな指輪にされても素敵ですね。




■結婚指輪・エンゲージリング・オーダージュエリー・リフォーム・修理■
ジュエリークラフトショップ

福岡県北九州市小倉北区魚町3-2-4畑中ビル1F
 http://www.jewelry-craft.jp/










今日はようやく春らしい気温になりました。
しかし、夕方から雨になるそうですので
また、少し気温が下がるのでしょうか?

共通テーマ:ファッション

縁起の良い文様 [デザイン]

IMGP1207copy.jpg
指輪やペンダントなどに
日本古来の文様の彫りを入れることができます。

写真の指輪は佐賀市のT様からご注文頂いて制作した
マリッジリングです。

めでたい模様である唐草が彫りで表現されています。
唐草は繁栄の意味をもつ、縁起の良い模様。
ご結婚指輪にはぴったりです。

このT様のマリッジリングに入っている唐草は
「蛸唐草(たこからくさ)」と呼ばれるもので
よく見ると、唐草に
蛸の足の吸盤のようなものが付いています。
陶磁器などにもよく使われている文様です。

外国にもこのような唐草文様があり
こちらは「アラビア風」という意味の
「アラベスク」という名称で呼ばれます。
イスラム教の建築物や装飾品などに
多く見られます。

日本の唐草とはまた違った趣があり
こちらもまた
ジュエリーのデザインに取り入れられることの多い
人気モチーフです。



その他、日本には、古来から
「吉祥文様(きっしょうもんよう」と言われる
めでたい文様があります。

吉祥文様には、龍や松竹梅の他、
「宝尽くし(たからづくし)」というものがあります。

打出の小槌(うちでのこづち)や砂金袋など
いろいろな宝物の絵を組み合わせた柄で
着物や風呂敷の柄などに、よく使われるそうです。


この「宝尽くし」も、指輪などのデザインにこなすと
面白いものになるかもしれません。












こちらは音楽の「アラベスク」。
シューマンの作品です。

まるで唐草模様のように
ロマンティックな主旋律が繰り返し現れます。

本当に美しい曲です。
クラシックをこれまで聴いたことのない方も
ぜひ、一度聞いて頂きたいと思います。




■結婚指輪・エンゲージリング・オーダージュエリー・リフォーム・修理■
ジュエリークラフトショップ

福岡県北九州市小倉北区魚町3-2-4畑中ビル1F
 http://www.jewelry-craft.jp/

共通テーマ:ファッション

デザイン画の制作 [デザイン]


馬場太平の仕事のうちでも
最も重要なものの一つがデザイナーとしての作業です。

お客様からジュエリーのオーダーを頂くと
お客様と、直接いろいろな話をさせて頂きながら
デザインのお好みや、いろいろなご要望をまとめていきます。

ある程度、デザインの方向性が決まると
目の前で、ラフスケッチを描くこともあります。
ラフスケッチを描く時点で
どんな風に実際作っていこうか・・・と
既に制作することを想定しながら描いているそうです。
「作ることのできるデザイナー」だからこそです。
お客様に、出来上がったらどのような構造になるか、
横から見た場合、どんな風に見えるか、など 
細かく説明もさせて頂いております。

今日は、大切な思い出のジュエリーに入っていた
珊瑚とパールを使った指輪のデザインを考案中です。

大きめの薔薇のモチーフの珊瑚に
他の指輪からとった白のパールを添えた
ボリュームのあるリングにしたい、という
お客様のご要望です。

珊瑚やパールの縦、横、厚みなどを正確に測り
バランスよく石の配置を考えていきます。
1週間後にお客様に見ていただくデザイン画は
全て、原寸大です。

他のジュエリーを新しく作り変えることを
一般的にリフォームと言いますが、
既製の空枠(からわく)に石を移すだけのセミ・オーダーと違って
こうして、デザインから新たに起こす作業は
リフォームというよりも
オーダー・ジュエリーと言った方がふさわしいのかもしれません。
オークションに出るような有名なジュエリーに入っている宝石も
さかのぼると、沢山の持ち主がいて
何度も、宝石だけを外して作り変えられたものが多いのです。

リフォームは、素敵な宝石を
さらに、輝かせるためのものです。
決して、“箪笥の隅に捨て置かれていた物の有効利用”
ではないのですね。

■オーダーメイドジュエリー・結婚指輪・リフォーム■
       ジュエリークラフトショップ

福岡県北九州市小倉北区魚町3-2-4
     http://www.jewelry-craft.jp/



 


デザイン ブログトップ