So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ホワイトゴールドについて [加工・修理(その他)]

ホワイトゴールド素材で作られた
アクセサリーやジュエリーをお持ちの方は多いと思います。

先日来られたお客様から
ホワイトゴールドの指輪の色が変わってしまった、
と、ご相談を受けました。

もともと、ホワイトゴールド素材そのものが
純金に白系の色の貴金属(銀やパラジウムなど)を
混ぜて作った合金です。

配合の仕方は、メーカーやブランドによって違いますので
同じホワイトゴールドと呼ばれるものでも
白味が強くなったりなど
色目は変わってきます。

もともとが金ですので、金の色が強く出ているものもあります。

そして、ジュエリーが完成した後で
ロジウムメッキをかけて、
より美しく白く見えるように
仕上げを施したものがほとんどなのですが
先述した、金色の色合いの強いものなどは
メッキがはげた場合、下の地金の色が見えてきて
変色したように感じることがあります。

白味の強い地金を使っている場合は
たとえメッキがはげたとしても
特に気にはにならないと思います。

気になる場合はメッキをかけなおすことがでます。
弊店でも承っておりますので
どうぞ、お気軽にご相談下さい。

シルバー素材のリングやチェーンに
ロジウムメッキをかけて
きれいな銀色にすることもできます。









■マリッジリング・エンゲージリング
      オーダージュエリー・リフォーム・修理■
ジュエリークラフトショップ

福岡県北九州市小倉北区魚町3-2-4畑中ビル1F
 http://www.jewelry-craft.jp/